トップページ > 函館の観光>元町・函館山周辺 日本基督教団函館教会

函館の観光 元町・函館山周辺

日本基督教団函館教会

明治6年(1873年)12月に、アメリカからメソジスト派の宣教師M.C.ハリスが来日し、翌年1月に函館に伝道をはじめました。「函館美似教会」と名づけられたこの教会は、プロテスタント教会では国内で3番目に古いものであります。当時は、ドイツ人代弁領事殺害事件が起きるなど、不穏な世情であったが、ハリスは恐れることなく布教に身を捧げました。また彼は札幌にも伝道し、内村鑑三や新渡戸稲造など札幌農学校(現北海道大学)の学生の指導にあたり、洗礼を授けました。
教会堂は、明治10年(1877年)に建てられたが、火災により焼失し、数度の変遷を経て、昭和6年(1931年)に現在の教会堂「ハリス監督記念礼拝堂」が建設されました。昭和16年(1941年)に、プロテスタントの数派の合流があり、現在の教会名となっています。

日本基督教団函館教会
日本基督教団函館教会


見学時間

毎月の第1,3土曜日 13:00 - 15:00
※駐車場ありません。近くの駐車場をご使用して下さい。


大きな地図で見る